オンラインカジノ(ネットカジノ)は違法?逮捕事例&賭博法&違法性を専門家が徹底解説!

オンラインカジノは違法?

日本での賭博行為は禁止となっています。カジノはオンラインだとしても賭博行為のため、実質違法行為を行っているのではと感じる方も多いでしょう。

海外で合法に運営されているオンラインカジノをプレイすることは、違法ではありません。ただ、合法とも言い切れないのです。

この記事では、お金の専門家が、オンラインカジノの違法性や賭博法との関係、逮捕事例などを解説します。さらに、違法なオンラインカジノを選ばない見極め方や人気のベラジョンカジノの違法性についても併せて紹介します。

目次

オンラインカジノ(ネットカジノ)は違法?

オンラインカジノは、政府が会社に運営許可証となるライセンスを発行した上で運営できる仕組みになっているため、ライセンスが発行されていない会社は、違法サイトだと思ってください。

認定され政府から発行してもらうために、厳しい審査・発行してもらうための料金支払いがあるため、ライセンスを取得している会社は信頼できるでしょう。マルタ共和国・イギリス政府の認可を受けた会社は信頼性が高いと考えられています。

そのため、認可を受けているオンラインカジノを利用しても違法行為とはいえません。日本には対して明確な法律は存在しておらず、グレーな状態です。

オンラインカジノ(ネットカジノ)と日本の賭博法の関係

日本には、賭博行為をした者に適用されるものと賭博する場を提供した者に適用される法律があります。オンラインカジノと日本の賭博法の関係性をよく理解しておくと良いです。

日本の賭博における2種類の法律

日本の賭博における法律は「賭博罪」と「賭博場開張図利罪」の2種類に分けられます。賭博を行った者は「賭博罪」、カジノ経営者は「賭博場開張図利罪」が適用されます。

どちらの法律も国内での賭博に対する法律となっています。そのため、公営ギャンブル以外は全て違法です。

さらに、日本の賭博に関する法律は賭博を行った者よりも運営者側を厳しく取り締まるものとして存在しています。罪に問われるような違法にカジノを運営している人をまず摘発し、その後利用者も罪に問われる可能性があるという流れです。

運営者側がそもそも摘発できないのであれば、利用者も罪には問えないといえるでしょう。

海外カジノで日本人がプレイすることは違法ではない

賭博罪は国内での賭博行為が適用範囲となっているため、海外カジノでは日本人が遊んだとしても違法ではありません。そのため、旅行に行った時公認カジノを利用することは違法行為ではないのです。

芸能人でも海外旅行に行った体験談で、カジノを利用したという話はよく聞き、捕まっていないというのは、違法ではないということだといえます。

海外では、カジノが合法な国が約130ヶ国以上あり、年々増えていく傾向です。利用可能な年齢などに関しては、国によっても違いがあるので、ルールを守らなければ賭博罪ではなく、その国々の法律に則った罰則が発生する可能性があります。

「海外のオンカジでプレイする」場合の違法性

海外のオンカジで遊ぶ場合、違法性があるとははっきり言い切れない難しい状況です。

拠点自体は海外でも、プレイヤーは日本にいながらオンライン上でプレイしているという状態となっています。そのため、国内にいながら海外のオンカジをプレイした、という認識だと違法性があるのでは?と考えられます。

一方で、賭博罪は対向犯に分類されるため、罪を成立させるためには2人以上の相互関係者が必要です。オンカジの場合はプレイヤーを逮捕するのなら、オンカジの運営側も逮捕する必要があります。

日本の賭博法は明治時代に制定されているため、海外オンラインカジノで遊んだ時についてを想定していません。明確な線引きがされていないため、絶対に違法性があるともないとも言い切れないので処罰の可能性はあります。

今後は、海外オンラインカジノのプレイについての法整備が行われると予想されているのです。

オンラインカジノ(ネットカジノ)の逮捕事例

はっきりとオンカジについての法律規制はありませんが、実際に摘発された事例も以下のような事例があるのです。

  • インカジ摘発
  • オンカジプレイヤー摘発

それぞれ、どのような理由で摘発されたのかご紹介します。

賭博や換金を店内で行ったインカジが摘発された事例

よくある摘発事例は、インカジです。インカジというのは、インターネットカジノの略で別名「裏カジノ」「闇カジノ」と呼ばれています。

インカジは拠点が海外にあるわけではなく、店舗が日本にあってインターネット接続も店舗から行って、利用者に遊んでもらいます。そして、プレイした内容によって金銭のやり取りが発生するシステムです。

インカジは運営拠点が国内であり、賭けの換金なども店舗内で行っている点が摘発の理由となっています。

日本はカジノを運営することは認められていないため、営業許可のないインカジは完全に違法行為を行っているといえます。摘発された際は、プレイヤーも芋づる式に逮捕される可能性は十分にあるでしょう。

日本人オンカジプレイヤーの逮捕事例

オンカジをプレイした日本人が摘発された事例もあり、理由はブログやSNSで自身がプレイした内容を公開したことによって、賭けをしたと判断されたからです。

身元を特定された日本人3名が、逮捕されました。そのうちの1名は、逮捕不当として争いに発展しています。

結果的に、裁判では賭博法の基本である「運営側を検挙することが前提」「利用していたオンカジは合法的に運営している」という理由から不起訴となったのです。

拠点が海外であること、合法的に運営していることから、プレイヤーを逮捕する理由にはならないという判断だといえます。

この事例では、プレイヤーのみが逮捕された珍しいケースです。逮捕の際、警察は拠点が海外ではなくて国内での運営だと見込んでいたことも後からわかっています。

日本語対応をしている、ディーラーが日本人だったので日本で賭けを行っていることと同等と判断したのです。しかし、実際は運営会社はロンドンにあるため、賭博法の適用外でした。

オンラインカジノ(ネットカジノ)が違法になってしまう場合

日本でオンラインカジノを利用して違法になるのは、以下の場合です。

  • ライセンス未取得
  • インカジ利用

それぞれ順番に解説していきます。

利用したオンラインカジノがライセンスを取得していなかった

利用しても賭博法を適用されないのは、あくまでサイト側が法律に則ってきちんと運営している場合のみです。万一プレイしたオンカジ側が適切なライセンスを取得していなければ、運営側も検挙される可能性があります。

ライセンスは、必ずサイト内に記載があるので、なければきちんと取得していない可能性が高いです。未認可で違法性の高いサイトでプレイすると、自身にも危険が及ぶ他に個人情報の漏洩や出金トラブルに発展するケースもあります。

不安なく利用するためには、きちんとライセンスを取得しているサイトでのプレイが基本です。ライセンス未取得のサイトは、そもそも法律違反となるため、パッとみた感じで安全そうに見えても絶対にプレイしないようにしましょう。

インカジを利用した

インカジは、問答無用で違反だと思ってください。オンラインカジノと似たような認識になりますが、全く違います。

オンカジは、運営の拠点がある国の政府や公的金融規制機関から、正式にライセンスを取得して法律に則って運営しています。さらに、運営企業とは別に業者に依頼してゲームのソフトウェアを提供してもらっているのです。

そのため、しっかりとゲームの公平性を保ち、第三者機関による定期的な監査をクリアしている業者だけがサイトの運営を許されています。

一方、インカジは国内に店舗をもち、店舗内でギャンブルをする方法です。日本でカジノ運営は禁止されているため、運営許可などは一切なく、完全に違法業者といえます。

合法ではないため、イカサマも横行し勝つ可能性はほとんどありません。さらに、運営元が逮捕される可能性が高いので、プレイヤーも同じように逮捕されることも当然あり得るのです。

違法なオンラインカジノ(ネットカジノ)を選ばないためには?

知らずに違法なオンカジを利用しないためには、以下のポイントをよく理解しておきましょう。

  • サーバーが海外か
  • 日本で運営していないか
  • 信頼性の高いライセンスを保有しているか

それぞれ、1つずつ解説します。

サーバーが海外にあるかどうか

違法なオンラインカジノか見極めるためには、まずサーバーが海外にあるか確認しましょう。サーバーは、サイトを置いておく部屋のようなものを意味しています。

運営が海外だとしても、サーバーが日本にある場合は賭博法の対象となる可能性があるので注意してください。

サーバーが国内にある=国内でカジノ運営をしている、と警察に認識されるため、摘発の可能性が出てきます。そのため、きちんと海外にサーバーがあることを確認し、あくまで海外が拠点だという安心感を得てから利用しましょう。

日本で運営されていないか

きちんと海外で運営されているのかも、安全なサイトか見極める方法です。国内でカジノ運営している場合、いくらサーバーが海外にあっても違法だと認識されます。

2016年には国内でオンカジ運営を行ったとして、運営者らが逮捕されたことにより、サイトが突然閉鎖に追い込まれた事例があるのです。プレイヤーは、警告のみで逮捕はされませんでしたが、サイトを利用していた時の残高は当然払い戻されず、注ぎ込んだ金銭は水の泡になります。

インカジは絶対利用してはいけないというのはもちろんのこと、オンラインカジノだったとしても日本で運営されている可能性もあるので、十分に注意してください。

通常、運営元はサイト内に記載がありますが、摘発されたサイトも海外に拠点を持っていると記載していますが、サーバーのみ海外にあったことが後からわかっています。

そのため、しっかり見極める場合は企業がどの程度の運営実績があるのか支払実績はどうかを確認してください。長年運営していて、出金遅延などがないのであればきちんとした優良サイトだと判断できます。

さらに、サービスを展開している国もどのくらいあるのかもチェックポイントです。

審査が厳しい海外のライセンスを保有しているか

サーバーも拠点も海外であれば、絶対に安全とは言い切れません。違法に運営しているサイトは、突然のサイト閉鎖やトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

合法に運営しているオンラインカジノは、ライセンスの取得が絶対となります。ライセンスは政府から発行される運営許可証のため、ない場合は違法運営です。

安全なサイトを見極めるポイントは、より審査が厳しい海外のライセンスを保有しているかどうかといえます。ただし発行基準は国によって異なるので、ライセンス保有=絶対安心、とはつながりません。

審査が厳しいとされる、マルタ共和国・キュラソー・カナワケ・ジブラルタルなどで発行されるライセンスを保有しているオンラインカジノは安心です。

審査が厳しいライセンスは、定期的な抜き打ち検査やライセンスの更新などを行い、不正を徹底排除しているので、運営もきちんと行われているといえます。

オンラインカジノ(ネットカジノ)人気No.1「ベラジョンカジノ」の違法性

海外オンラインカジノで、圧倒的な人気を誇る「ベラジョンカジノ」は日本でも有名です。人気があり有名でも、違法性はないのかと気になるでしょう。

ベラジョンカジノは、Breckenridge Curacao B.V.というオランダ領キュラソー島に拠点を置いていて、サーバーもアメリカに置いています。さらに、キュラソーライセンスも保有しているので、安全なカジノだと判断可能です。

ベラジョンカジノは、強固なセキュリティシステムを搭載しているため、個人情報漏洩などの不安もなくプレイができます。

また、2021年にはラスベガスのカジノホテルを運営する大企業「Bally’s Corporation」の傘下に入りました。優秀なノウハウを持った企業との合併により一層安全に利用できるサイトになったといえるでしょう。

オンラインカジノ(ネットカジノ)の違法性に関するQ&A

オンカジの違法性に関するよくあるQ&Aをご紹介します。

オンラインギャンブル法は改正しないんですか?

2016年12月にIR法案と呼ばれるカジノ法案が成立したことで日本でも現在、カジノ解禁に向けて動きが本格化しています。

IR法案は、カジノの合法化に前向きな姿勢を見せていましたが、オンラインカジノに対する記載がありません。そのため、違法性が低い今の状態は継続するといえます。

微調整が行われて、オンラインギャンブルについても明確な判断が進む可能性もありますが、現在のところははっきりしていないのが現状です。

日本のカジノが違法な理由を教えてください。

カジノを含む賭博行為は、勤労・その他の正当な原因ではない偶然によって得る報酬だからです。こうした適切ではない行為によってお金を得ることで、勤労意欲の低下や浪費の弊風、賭博によってその他の重大な犯罪を誘発する可能性を理由として禁止されています。

パチンコ・競馬・競輪などは、適法とされる法律によって定められているため、違法性はありません。

ネットカジノは規制されていますか?

警察庁では、ネットカジノは犯罪と警告しています。規制の対象になる可能性があるのは、国内で運営されている場合のみです。

日本では合法的に運営ができないので、規制の対象ですが合法で運営できる海外サイトを利用することは明確に規制されていません。

オンラインカジノ(ネットカジノ)は違法?まとめ

海外のオンラインカジノの違法性についてお伝えしました。賭博法は、あくまで国内での運営に適用されるもののため、絶対に違法とは言い切れません。

現在の法律では、海外のオンラインカジノへの明確な決まりはありませんし、解釈も不完全です。摘発された事例もありますが、裁判に発展した際に不起訴になるなど違法性は低いといえます。

一方で、悪質なオンカジが存在しているのも事実のため、きちんと見極めポイントを理解した上でプレイしましょう。

目次